袋井市で足のタコや、巻き爪補正や爪切り、冷え性の改善のことなら、天使のつめきり静岡~メディカル フットケア~へ。
ブログ

ブログ

blog

2021/12/17

ブレイクダンスがオリンピックの新競技になる予定だそうですね

年を越して1年が始まったと思ったら、あっという間に春、夏が過ぎ、秋が来たと思ったらもうすでに12月です。

どんどん朝も冷え込むようになっているので、寝る時にはしっかり温かくしていても、朝のひんやりとした空気に、いつもより布団から出るのが大変になってきます。

もうちょっとだけ…と温かくて心地よい布団の中で、ゆっくり寝ていたいという気持ちになることもありますが、それでも朝が来れば寒くても起きて支度をして…とちょっとした葛藤を毎日繰り返す日々ですよね。

やはり大人になっても寒い中の早起きは、なかなかつらいものがあります。

どんどん寒くなる中で、少しでも寒さを紛らわすために、外に出た時は体を動かすこともあるのですが、皆さんはいかがでしょうか。

もともと運動を習慣としている人は、暑くなる夏は休んでいても、涼しくなってくる秋ごろから運動習慣を再開されるという話をよく伺います。

それにつられてでしょうか、秋になると運動を始めてみようと考える人も多いようで、これまで運動習慣がなかった人でも、急に運動をしたくなることが多いようです。

体が温まる運動というと、テニスやランニングなどのスポーツが浮かぶという人も多いと思いますが、実は先日とあるスポーツで日本人の女性が世界一になって話題になりました。

そのスポーツというのが、ブレイキン。名前だけですとあまりピンときませんが、ブレイキンというのはブレイクダンスのことで、ブレイクダンスはダンススポーツの一つとして今大きく注目を集めているのだそうです。

それもそのはずで、なんと3年後に行われる予定になっているパリのオリンピックでは新競技の一つとして行われる予定なのだそうです。

ブレイクダンスといえば、目にもとまらぬような早い動きから、じっくりと動いているのに並外れたバランス感覚がないとできないようなポーズで踊ることでもおなじみですよね。

比較的競技としても歴史は新しく、少し昔ですとブレイクダンスといえば10代をはじめとした若い世代の人がやっているスポーツというイメージも強かったのですが、オリンピックに向けて競技としてより整えられているからでしょうか、かなり幅広い年代の方に楽しまれているのだそうです。

実際、世界チャンピオンになったという日本人女性、福島選手は38歳、同じ競技で決勝戦の際に優勝争いをした湯浅選手は22歳と、同じ競技でも16歳差の対戦が見られたようです。

ブレイクダンスに関しては詳しいルールはわかりませんが、それでもテレビなどで見た印象ではかなりの運動量になるだろうと思いました。

さらに、体全体を上手に使ってバランスをとるのが難しいポーズや、目が回ってしまいそうな動きで、音楽に合わせて踊るので体力や体幹、筋力だけでなくリズム感や表現力も必要です。ですので他のアスリートと同じように体のメンテナンスなども気を使っていると思います。

特に体全体を普段から支えている足というのは、特殊なスポーツを除いてバランスや動きの要となることが多いですよね。

そんな足のメンテナンスは皆さんいかがされていますか?

性格や体格が十人十色のように、足も普段トラブルを感じていないという人ばかりではありません。巻き爪などを起こしやすい足の人や、体の骨格や癖によって魚の目やタコができやすいという人もいると思います。

だからこそ、足のトラブルに困った際には、フットケアのプロフェッショナルがいる、天使のつめきり静岡で足元のトラブルの改善を始めてみませんか。

歩くのに痛みを感じるなど、足のトラブルで外出が難しい方でも、天使のつめきり静岡では出張サービスを行っていますので、安心してフットケアを始めていただくことができます。

足のトラブルがつらい人そして、ステイホーム中に生活の変化で足にトラブルが起きてしまったという人も、まずはお気軽にプロのフットケアを受けてみてはいかがでしょうか。

ブレイクダンスがオリンピックの新競技になる予定だそうですね2
ブレイクダンスがオリンピックの新競技になる予定だそうですね2
ブレイクダンスがオリンピックの新競技になる予定だそうですね3
ブレイクダンスがオリンピックの新競技になる予定だそうですね4

2021/11/29

ニューノーマルな生活の中でストレスを溜め込まないように気をつけたいですね

11月も後半になりあれよあれよと過ごしているうちに、だんだんと年末の忙しさの波が近づいてきているのを肌で感じられるような時期になってきました。

ここ2年ほどは、それ以前のコロナ禍ではなかったころの生活と比べると、イレギュラーなことが多く、これから先の年末もどういった形になっていくか、見通しが立ちにくくなっています。

とはいえ、生きていれば次から次へとくる課題を、バッタバッタと対処して、出来れば安心して年末年始を迎えたい…とは思っていても、昨年に引き続き、例年と違う生活が続いているため、仕事をしていてもいつも以上にトラブルが多く感じる人もいるでしょう。

これまでと違う新しい形のルールが増えており、覚えて対応するのに想像以上に疲れを感じているという人も多いのではないでしょうか。

実際、いまだにソーシャルディスタンスのキープや検温方法、そして消毒やマスクの着用に関しても、ちゃんとした基準がないという場合も多く、その場ごとのローカルルールに従っていると、むしろ疲れすぎてしまうので、相変わらずしっかりとした対策を心掛けています。

過剰になりすぎるのは、むしろストレスになってしまう可能性がありますが、ちょうどよいを意識しておくようにして、カリカリしすぎないようにはニューノーマルな生活の中でも気を付けておきたいものですよね。

とはいえ、ずっと生活のことばかり考えていると、だんだんと心がささくれてきてしまいますよね。

そこで今日は、ニュースで話題になっていた動物の面白画像について紹介したいと思います。実際の画像は乗せることができませんが、想像して楽しむか実際にSNSで探していただければと思います。

話題になっていたのは、プリンとしたお尻ともふもふのボディー、そしてキュートな胴長体型が魅力的なコーギーの琥珀君。琥珀君が話題になった画像は、ぱっと見ケージから毛玉がもさっとはみ出ているようです。

ですが、よく見るとケージの網目にお顔が引っかかって、変顔になってしまっているのがわかります。

その顔はまさに変顔と呼ぶのにふさわしく、話題になっているSNS上でも、このにらめっこ顔には私は勝てないという人や、その可愛さにメロメロになってしまっている人が続出だったようです。

そしてこういった投稿につきものともいえるのが、ワンちゃん飼っている人あるあるでしょうか。

こちらの投稿にも、同じようにケージに顔を押し付けて、毛玉のようになってしまうワンちゃんや、しわクチャになってしまって、跡がついても隙間から顔を出し続けているワンちゃんもいるというコメントがあったそうです。

ちなみにどうして琥珀君はケージの網目に顔を押し付けているのかというと、かまってほしさにやっているのだそうです。

そう聞くと、もともと変顔として紹介されていた、話題になっている琥珀君の面白顔は「かまってほしさに頑張ったのだな…」と一生懸命さ以外にどこかお笑い根性のようなものさえ感じてしまいました。

これからだんだんと寒くなり、これまで以上につらいことをつらいと感じるようになります。だからこそ本格的な寒さが来る前に、気になる足元を整えてみてはいかがでしょうか。

寒くなると血行も悪くなりやすくなり、さらに筋肉が秋から冬への気温の変化で凝り固まりやすくなっている状態では、これまで痛みが少なかったような巻き爪でも対処が必要になります。

これから忙しい年末や年始を心から楽しむためにも、今から足元のメンテナンスを始めてみませんか。天使のつめきり静岡では対処の難しい深爪のケアも行っております。

さらに、足がないなどで移動できない人向けの出張サービスもご用意しておりますので、とにかくまずは天使のつめきり静岡にご相談ください。

ニューノーマルな生活の中でストレスを溜め込まないように気をつけたいですね2
ニューノーマルな生活の中でストレスを溜め込まないように気をつけたいですね2
ニューノーマルな生活の中でストレスを溜め込まないように気をつけたいですね3
ニューノーマルな生活の中でストレスを溜め込まないように気をつけたいですね4

2021/11/19

動物も寒さは苦手みたいですね

どんどんと空気が冷えるようになってきました。それでも冬というにはまだ気温が暖かく、比較的過ごしやすい状態が続いているように感じますが、寒がりな人や冷えが苦手な動物にとっては、もうすでに寒いシーズンに入っているようです。

実際、比較的寒がりな知り合いは、もうすでに冬用のパーカーを着ていて、しっかりネックウォーマーまで準備しています。ですので気温の感じ方というのは人それぞれなんだなと改めて感じました。

どんな温度でも温度差が大きくなると、想像以上に体に負担かがかるので、どんなに寒さが平気だという人や暑さが平気だという人でも、体調を崩しがちになってしまうのだそうです。

中には寒暖差によってアレルギーのような反応が出てしまう、寒暖差アレルギーというのもあります。

それほど寒暖差というのは、体に影響を与えるので、寒いシーズンに限らず、秋や春先のような温度差が激しくなるシーズンはしっかり体調管理に気を付けて過ごすようにしてくださいね。

今日はそんな、秋の涼しさにすっかりやられてしまっている動物の様子が、いくつかオンラインニュースで話題になっていたのを見つけたので、紹介してみたいと思います。

まず、話題になっていたのは、比較的暖かい場所出身のインコ。
きれいね桜色が体に混ざっていてとても美しいアキクサインコのレイちゃんです。

インコといえば、もともと温かい場所が好きで、体調が悪くなるとしっかりとした保温が、回復のカギになるといわれているほど、丁寧な温度管理が必要な動物です。

レイちゃんもここ最近に急な寒さに、しっかりと暖を求めるようになっているようで、ニュースで紹介されていた画像では、羽を思いっきり広げてうつぶせのような状態になりながら、ストーブ前でしっかり温まっている様子が紹介されていました。

その様子は、まるで美しい扇子やうちわのようで、アキクサインコの緑やピンクといった上品な色が綺麗でした。

ニュースによると、アキクサ扇といわれているそうです。しっかり温まりながらも見ている人の目も楽しませてくれるというのは素敵ですよね。

次に紹介するのは、童謡雪やこんこんにも出てくる動物の変わった暖の取り方です。
雪やこんこんと言えば犬は喜び庭駆け回り、猫はこたつで丸くなるということで、猫が寒さに弱いというイメージがありますよね。

ですが、今回暖を取っているのは犬と猫両方。
なんと横になっている犬の首周りに、子猫が上手に絡みついて、お互いに暖を取っているのだそうです。

画像も紹介されていましたが、多少大きくしてみても、横になって眠っている犬の首元に、ファーのマフラーが巻き付いているだけかのように見えるという、不思議な状態でした。

しっかり目を凝らしてみると、少しだけ猫のしっぽが見えているので、かろうじて猫だと判断できるようなほどです。

猫の方が子猫でまだ小さいというのも関係しているのでしょうか。
犬の首元に猫が乗って寝ているので、乗られている犬は重くないのかな…と心配になってしまいましたが、画像を見る限りではどちらも温かいようで気持ちよさそうに眠っています。

子猫の方も、犬の首で体がぐにゃんと曲がっているのですが、その状態でもぐっすり眠れるのはお互いに安心できるからなのでしょうか。

これからの寒いシーズンは、足先も冷えやすくなりますので、巻き爪などのトラブルによる痛みも感じやすくなります。

だからこそ、天使のつめきり静岡でプロのケアを受けてみませんか。
外出が難しい方に向けた出張サービスも行っていますので、足のトラブルが気になる方はぜひお気軽にご連絡、ご相談ください。

動物も寒さは苦手みたいですね2
動物も寒さは苦手みたいですね2
動物も寒さは苦手みたいですね3
動物も寒さは苦手みたいですね4