袋井市で足のタコや、巻き爪補正や爪切り、冷え性の改善のことなら、天使のつめきり静岡~メディカル フットケア~へ。
ブログ

ブログ

blog

2021/04/07

ジェンダーフリーな考え方がもっと広まると良いですね

4月に入り進級や進学の時期が近づいてくると、登校練習なのかピカピカのランドセルを背負って親御さんと歩いている子供をたまに見かけたりします。

昔はランドセルといったら、男子は黒で女子は赤と決まっていましたが、ジェンダーフリーの考え方と、通学中も好きなランドセルでという意識が広まったこともあり、最近では本当に色とりどりで多様なデザインのランドセルを背負っている子供が増えました。

デザインやカラーも、年々男子か女子かを気にしなくてもいいようなものが、多くなっているような印象です。これも子供のころからジェンダーというくくりに悩まなくていいようにとの配慮なのでしょうね。

よい傾向なのでしょうが、すでに大人になってしまった側からすると、同じような考えを持つのはなかなか難しいのかなと感じることが多いです。

同じように感じている人が、他にもいらっしゃるようでいつものようにニューストピックスを見ていたら「誰だって楽しんでいい。」「揶揄はやめて。」といった言葉が目につきました。

どういった記事だったのかというと、SNSでの中国に旅行に行ったときに感じた率直な感想を漫画にしたものが、話題になっているというものでした。

話題になっていた漫画には、おじさん同士がタピオカを飲んでおいしいと感動したり、おじさん同士が集まって写真を撮ったりといった、日本ではあまり見られない光景が描かれていました。

SNSから話題になった漫画を描いた作者さんへのインタビューによると、中国に行った際に老若男女問わず自撮りや、タピオカ入りの飲み物を楽しんでいるのを見て、日本では女性だけのものとイメージづいていることに不思議に思ったのだそうです。確かに、自撮りもタピオカも女性がやっているイメージが強いですよね。

子供たちや若い世代には、ジェンダーフリーな考え方が伝わっていますが、大人は確かに流行りの物をはじめとして流行りの食べ物やコンテンツは一部の人のものと考えてしまいがちな気がします。ですが、本当はそんなことはないのかもしれませんね。

例えばスキンケアやネイルケアは女性のイメージが強く、最近では男性用のスキンケア用品も増えていますが、利用しているひとも比較的若い人が増えているように感じます。

ある程度の年代までは男性もスキンケアに対して抵抗なく受け入れているようですが、ある程度の年代を超えるとスキンケアだけでなく、ネイルケアやフットケアなどケアとつくものは女性がやるものだと、考える人も多いように感じます。ですが、ケアというのは身だしなみに関係するのですので、実は男性女性問わずやっておいて損がないことなのです。

特にフットケアや足のネイルケアは、歩行に関係するので普段から趣味でスポーツをしている人などは、パフォーマンスにもかかわってくる可能性があります。実際アスリートの中には爪のケアにこだわりを持っている人も多くいるようです。

また、爪や足の指の形によっては、きちんと合ったケアをしないと巻き爪になって歩くのも大変な程痛い思いをすることもあります。

ほかにも、タコや魚の目といった、足のトラブルも放っておくと足の変形や痛みを引き起こしますので、状態にあったケアをする必要があります。ですが、足のケアをしようと思っても、どこに頼んだらいいかわからないという人も多いのではないでしょうか。

もしも、フットケアや足のネイルケアに悩んでいるという方は、まずはネイルケアとフットケアのプロフェッショナルがいる天使のつめきり静岡ご相談ください。痛みやお客様の都合などで来店するのが難しい場合には出張サービスもしていますので、ぜひお気軽にご連絡ください。

ジェンダーフリーな考え方がもっと広まると良いですね2
ジェンダーフリーな考え方がもっと広まると良いですね2
ジェンダーフリーな考え方がもっと広まると良いですね3
ジェンダーフリーな考え方がもっと広まると良いですね4

2021/04/05

ネコちゃん好きにはたまらないですね

だんだんと雨の日が多くなってくると、それと同時にだんだんと温かくなるのでまさに春雨だなと実感しますよね。

春になると、桜が咲くだけでなく進級や進学などもあるので、コロナ禍とはいえ少し街をある人も浮足立っているような気がします。

今の自粛生活が始まったのも約1年程前ですが、なかなか自由に人と会ったり外出したりできない生活が続いていても、生き物としての本能なのか温かくなるにつれて少しだけウキウキした気持ちになりますよね。

ですが、辛いニュースや暗いニュースがどうしても多くなってしまうのも事実で、毎日ニュース欄を見ては悲しいニュースや怖いニュースが目に入ります。

今はストレスも多くなりがちな生活をしているので、そういった心の状態も関係しているのかもしれませんよね。そんな中、ネコちゃん好きにはたまらないとてもかわいらしいフィギュアが話題になっています。

そのフィギュアの名前は釣り日和 猫たちのひまつぶしというもの。いわゆるガチャポンといわれる、数百円入れてハンドルを回して出てきたカプセルの中に、ランダムに景品が入っているというおなじみの機械で販売されるそうです。

こういったガチャポンは、まず欲しいと思った景品を取り扱っているお店に出会うことも難しいので、探している景品がなくてもスーパーのガチャポンコーナーに寄ってしまうという、ファンも多いのではないでしょうか。

実際たまに私ものぞいてみることがありますが、昔は何かわからないようなおもちゃが多かった印象もあるのに対して、今のガチャポンの景品はバリエーションも多く、こんなものまで景品になっているの!?と驚くこともしばしばあります。

そんな中でも、特に目が行ってしまうのが可愛い動物シリーズなのですが、今回の釣りをしているネコちゃんのフィギュアはなんとちゃんと座った状態で飾れるので、机のふちや棚のふち、さらにはパソコンモニターの上に座らせることまでできちゃうんだそうです。

こういった飾ることもできるうえに癒されるフィギュアは、在宅ワークやテレワークが増えているからこそ作業スペースにちょこんと飾ってみるのも良いですよね。

猫の何とも言えない丸まった背中や模様はもちろんですが、ミックス・マンチカン・三毛猫・スコティッシュフォールド・ノルウェージャンフォレストキャットと比較的人気の高い種類のネコちゃん5種類が用意されています。さらにフィギュアにそれぞれのネコちゃんの特徴が丁寧に表現されているので、猫好きにとってはたまらないフィギュアになっているそうです。

私も写真だけは見たのですが、ふわふわなノルウェージャンフォレストキャットのふわふわ感をしっかりフィギュアで表現しており、今のフィギュアはここまで精巧なんだと感動してしまいました。

小さければ小さいほどフィギュアは作るのが難しそうなイメージもあるのに、それを200円のガチャポンにしてしまうというのは、実はすごいことのなのかもしれませんね。
釣りをしているネコちゃんのフィギュアはしっかり糸のついた釣り竿もついているのですが、そこまでこだわったせいなのか作るときにフィギュアを安定して座らせるために、バランス調整にすごく苦労されたそうです。

バランスをとる部分は確かに安定性を得るためには、一番重要になる部分ですがこれは人間でいうと足にあたります。つまり人は足にトラブルがあると、どうしてもバランスが悪くなるので、体のゆがみや筋力のバランスの乱れなどの原因になりやすいのです。

だからこそ、足にタコやウオノメ、巻き爪などのトラブルがある人はぜひ、フットケアのプロフェッショナルがいる天使のつめきりで、気になる足のトラブルのケアをしてみてはいかがでしょうか。出張もしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

ネコちゃん好きにはたまらないですね2
ネコちゃん好きにはたまらないですね2
ネコちゃん好きにはたまらないですね3
ネコちゃん好きにはたまらないですね4

2021/03/26

桜の開花が気になる季節になりましたね

3月になると、春の陽気になると同時に、桜の開花状況が気になってしまいますよね。
毎日ニュースでは桜の開花情報や全国的な桜の開花マップなどが、だんだんと温かくなるにつれて、話題になってくると思いますが、実は桜の中にはもっともっと早く開花する桜があるのをご存じでしょうか。

2月から開花している早咲きの桜のひとつは、静岡県河津町にたくさん植わっていることでも有名な、河津桜です。まだまだ風の冷たい時期から可憐に咲き誇るその花は、ソメイヨシノなどの桜の花とはまた違った良さがあることでも有名ですよね。

さらに、この河津桜が咲き誇る河津町では、毎年シーズンに合わせて大々的なお祭りである、河津桜まつりが開催されています。河津桜が咲き誇る川沿いにたくさんの屋台やお土産物屋さん、さらには地ビールなどのお店が並ぶ、年に一度のお祭りですが、川沿いの狭い場所で人が集まるということもあり、今年は残念ながら開催を断念したんだそうです。

そもそも河津桜は、ソメイヨシノと同じ桜のひとつなのに、あちこちで見られないのはどうしてなのかご存じでしょうか。この河津桜には他の桜と違う特徴があります。その特徴のひとつが、平地に生えないというものです。

河津桜祭りに限らず、一度でも河津桜を見に行ったことがある人は、植わっていた場所を思い出してみてください。河津桜は河原沿いの斜面に植わっていたと思います。実は他の桜と違い河津桜は川沿いの土手のような斜面に育つ植物なんだそうです。

平地の方が根を張りやすそうに感じますが、住みにくそうな斜面にあえて育つというのは、河津桜は可憐な見た目に反して実はとても強かで踏ん張り根性のある植物なのかもしれませんね。

そんな河津桜ですが、今年は河津桜まつりが中止となったものの、それでも見に来る人が後を絶たなかったようです。確かに毎年習慣になっている人にとっては、ついつい見に行きたくなってしまうのでしょうか。

屋外なので比較的密になりにくいとはいえ、それでも元々河津桜の咲いている歩道が比較的狭いということもあり、河津桜の実行委員会によって訪れる人の検温と、歩道の一方通行化などの感染防止対策が行われているそうです。

お祭りは中止したものの、それでも来場してしまう人がいるというのは、それだけ人気があるとわかる反面、今のこの時期では、河津桜まつり実行委員の方も複雑な心境なのではないでしょうか。

河津桜の歩道を歩いたことがある人ならわかると思いますが、川沿いにずっと植わっていることもあり、なかなか長い距離の歩道が続いているので、結構びっくりするほど歩きます。
今年は河津桜まつりが中止になったものの、例年ではまつり期間中は夜間もライトアップされて河津桜のいろいろな表情を楽しめることでも有名です。

ですが、昼も夜も河津桜を楽しもうと思ったら、倍歩くことになるので普段歩き慣れている人でもない限り、前もって足の状態を整えていないと、桜を楽しむどころではなくなってしまいます。

だからこそ、今のステイホームの時期にフットケアにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。特に乾燥しやすい今の時期は、気軽にクリームなどを塗るなどから始めてみるのがおすすめです。

ほかにも、マッサージや足の爪のケアなどフットケアといっても種類がありますが、特にマッサージや爪切りは自分で本格的にやってみようと思うと限界があります。

だからこそ、フットケアが気になったら、フットケアや爪切りの専門スタッフがおります天使のつめきりにお気軽に御来店ください。

自宅でリラックスして施術を受けたい、外出が難しいという方に向けて、出張サービスも行っておりますので、フットケアで悩んだらぜひ天使のつめきり静岡にご相談下さい。

桜の開花が気になる季節になりましたね2
桜の開花が気になる季節になりましたね2
桜の開花が気になる季節になりましたね3
桜の開花が気になる季節になりましたね4