袋井市で足のタコや、巻き爪補正や爪切り、冷え性の改善のことなら、天使のつめきり静岡~メディカル フットケア~へ。
ブログ

ブログ

blog

2021/02/16

YouTubeを見ながらのリラックスタイム

2月に入ってまだまだ冷え込む毎日が続いています。冷えやすく乾燥する時期だからこそ、普段よりも気をつけているという人も多いと思いますが、時々急に温かくなるので気温が上がったことによって体が変化についてこられずに、体調を崩すという人もいますので暖かい日の後こそ体調管理に気をつけるのがおすすめです。

今年の冬だけでなく、ここ数年は暖冬だったこともあり寒い日が続いているようでも急に暖かくなるせいか、小春日和を通り越してもう春になっちゃったのではないかと、体が勘違いしてしまいそうになる日もあります。暖かいのは過ごしやすくていいのですが、その後グッと冷え込むのは体にとっては負担が大きいので、出来れば体調が崩れないようにしっかり体の特に足先を温めるように心がけるのがおすすめです。

第二の心臓とも呼ばれるふくらはぎや、足先を温めることで急な冷えによる体の負担を減らすことが出来ますし、冷えた時に起こる体のこわばりも防ぐことが出来ます。ご自宅でも簡単にできる温め方としては、足湯などがおすすめです。

足湯中はじっとしていることになるので、本を読んだりリラックスタイムにするのがおすすめですが、最近の流行りを取り入れるならYouTubeなどの動画配信サイトで気になる動画を見るのもおすすめです。外出自粛の影響からかもともとのYouTuberだけでなく芸能人などもチャンネルを作って動画をアップロードしているので、これまであまり見てこなかったという人も、温活のお供にチェックしてみてはいかがでしょうか。

今日の話題も実は今日紹介したYouTubeからなのですが、とある韓国のYouTubeチャンネルでは様々な小動物を手乗りにしていると話題になっていたので、紹介させていただきたいと思います。そもそも、手乗りの動物といったらハムスターやインコですよね。個体差があるので、手になれている子が甘えてくるのもかわいいと思いますが、なかなか慣れない子がちょっとずつ懐いてくれるのも感動します。

話題になっているYouTubeチャンネルでも、オーソドックスにハムスターや、ひよことの絆を深めている動画があるそうですが、それよりも話題になっていたのがプリーズ・ビーという、なんと蜂と絆を深めて親しくなる動画なんだそうです。海外のチャンネルですが、日本語字幕もあるそうなので、興味のある方は見てみてはいかがでしょうか。怖いイメージのある蜂が人になつく様子や、餌をもらう姿とみると少しイメージが変わるかもしれません。

それ以外にも、蜂がどうやって物を知覚しているかなどの、これまでよく知らなかった生態についても勉強になるので、癒し動画としてだけでなく生き物の生態を安全に勉強する動画としてみるのも楽しいかもしれません。
もちろん昆虫が苦手な人もいると思いますので、そういった人はワンちゃんやネコちゃんの動画がおすすめだと思います。ペット以外に野生動物のちょっと抜けているショットを集めた海外のチャンネルもあるので、いろいろ探してみてはいかがでしょうか。

足湯と癒し動画でつま先と心が温かくなれば、多少なりとも寒い冬を乗り切るパワーになるのではないでしょうか。

ただ、爪や足先にトラブルを抱えて炎症を起こしてしまっている場合は、足湯で温めるのは逆効果になる場合もあるので、その時はまず天使のつめきり静岡で足先のケアをして整えてください。痛みがひどく歩くのもつらい場合は、出張サービスも行っていますのでお気軽に天使のつめきり静岡までご相談ください。

足の血行改善や、固くなってガサガサになってしまっている角質のケアも行っておりますので、綺麗な足を目指したいという人のフットケアにもご利用いただけます。おしゃれは足元からとも言いますので、露出の多い夏に向けて今からフットケアを始めるのもおすすめですよ。

YouTubeを見ながらのリラックスタイム2
YouTubeを見ながらのリラックスタイム2
YouTubeを見ながらのリラックスタイム3
YouTubeを見ながらのリラックスタイム4

2021/02/16

意外な車が話題になっていました!

新しい年が始まったと思ったら、あっという間に2月…そう考えるとついついこの時期は焦っていろいろ失敗してしまいがちなので、しっかりと気を締めて毎日を過ごしていきたいものです。
病は気からという言葉もある通り、心が滅入ってしまうと免疫力も落ちやすくなるので、コロナ禍で心配が多い今だからこそ心をしっかり保って免疫力アップを目指していきたいですね。

以前コロナ禍でキャンピングカーの需要が高まっており、軽トラックをキャンピングカーに改造する人もいるというのを紹介しましたよね。
この場合軽トラックの荷台の何もないところに、キャンピングカーの居住スペースを取り付けるという形をとっていると紹介しましたが、逆に軽トラックのあるパーツを取り外して乗るというパターンもあるようです。
取り外す部分は、なんと軽トラックの「屋根」

スポーツカーなら何となく理解できますが、農業なので使うことも多い軽トラックの屋根を取り払ってしまうというのは、安全面も含めてなんだか怖い気がしませんか。
ですが、実際のところ需要もあるとみられているようで、なんと2021年1月15日に開幕した、バーチャルオートサロンでは軽自動車メインのメーカーとしても有名なダイハツから、屋根なしオープン仕様の軽トラックが出展されたそうです。
レーシング仕様としてもカスタマイズされているそうで、インターネット上でも「ダイハツの本気が見える!?」と話題になっているほどだそうです。

ちなみに、ホイールだけでなく外観のエアロや車高、さらにはステッカーに至るまで徹底的にレーシング仕様にカスタマイズされているので、元がダイハツの軽トラック、ハイゼットジャンボなのだとぱっと見ではわからないほどです。
座席にもこだわりが盛り込まれており、こだわりのバケットシートだけでなくレースでよく見る4点式のシートベルトも採用しているそうです。

ですが、そもそも屋根のない軽トラというものは、どこで使われているのかというとなんと意外や意外な果樹園なんだそうです。
果樹園では背が高い軽トラの人が乗る部分が邪魔なため、わざと屋根を切ってオープン仕様の状態で使うそうです。
調べてみたら実際に乗っている映像などもあって、驚きました。もうここまでくると軽トラックも、一つのクルマのジャンルとして、もっと注目されてもいいのではないかとちょっと思ってしまうほどです。

ですが、この屋根を切り取った軽トラックには一つ問題があり、屋根を切り取るということは車の構造を大きく変更することになるので、いくら軽トラでも公道では改造車と同じ扱いになってしまいます。

ですから、実際に走るとしたら私有地内に限定されてしまうそうです。それか、公道を走ろうと思ったら、改造車として登録手続きをする必要があるとか。
なんだか、車の世界も知れば知るほど複雑で驚きますね。

今年開催されたバーチャルオートサロンでは、ダイハツはレーシング仕様の屋根なし軽トラを出展しましたが、これにもちゃんと意味があるようです。
それは、若い世代の人が果樹園で働きながら、たまに広い敷地内などで草レースを楽しんでほしいというもの。
こういったコンセプトを知ると、ただ面白さを求めて作られたわけではないというのがわかるので、街で軽トラを見ても以前とはまた違った目で見てしまいそうです。

余計な部分は切り取るというのは、実は軽トラだけではありません。
人のつめも長くなりすぎると邪魔になるので、しっかり管理して切り取ってあげることが大切です。
ですが、自分で爪を切ると深爪をしたり巻き爪を悪化させてしまう為、伸びすぎても放置してしまうという人も多いと思います。
そういったときは、爪切りのプロフェッショナルがいる天使のつめきり静岡にぜひご相談ください。

意外な車が話題になっていました!2
意外な車が話題になっていました!2
意外な車が話題になっていました!3
意外な車が話題になっていました!4

2021/02/08

足が速くて健康的な芸能人の方といえば

今年も新年がスタートしましたが、年末年始が会食自粛期間だったこともあり、なんだか年が明けたのに昨年が延長しているような気がしてしまいます。ですが、手帳やカレンダーを見ると2021年。つまり新年になったとはっきり告げているんですよね。朝の日課でテレビや新聞に目を通していても、コロナに関係するニュースが多くどうしても変わったニュースがないか、ネットニュースにも目を通すことが増えてしまいます。

ふとニュースの中にカタカナで目立つ名前を見つけたので、ふとチェックしてみたところ世界の果てまでイッテQで珍獣ハンターとして一躍有名になった、女性タレントのイモトアヤコさんに関する記事でした。

イモトアヤコさんというと最初は極太の眉毛と激しいリアクションで、インパクトが強いタレントさんというイメージでしたが、メディアで素顔が取り上げられるようになってくると、いかにしっかりとした謙虚な女性なのかがわかるようになって、最初は正直一発屋なのかなという印象だったのですが、だんだんとしっかりと自分を持っているタレントさんというイメージが強く印象づくようになってきました。

そんなイモトアヤコさんですが、テレビに出ると常に結構なインパクトがあるので、この方は将来どうするのかしら…と感じることもありましたが、2019年にディレクターの方と入籍されて少し落ち着いたように感じました。それでもしっかり笑いはつかんでくる印象なので、タレントとして人を面白がらせる才能にあふれた方なのかもしれませんね。

そんなイモトアヤコさんですが、どんなときにもパワフルに動き回っているのは、中学時代の陸上部が関係しているそうです。陸上部というと体育会系の部活の中でもさらに、きつい競技が多い印象ですが、イモトさんは練習でよく海に行っていたそうです。そして海の砂浜で行っていた練習がなんと、モモ上げダッシュと100メートル走、そして200メートル走なんだそうです。

練習内容だけを聞くと、普通かなと感じてしまいますが、海の砂浜は足の力を吸収してしまうので、その中でモモ上げをしたり走るというのは、実は本当に大変なんです。ですが、このきつい練習を乗り越えて、体力づくりをしたからこそ、今のイモトアヤコさんがいるということなんだそうです。

実際、有名になるきっかけともいえる世界の果てまでイッテQのオーディションでも、50メートルを走ったそうです。テレビのオーディションは番組の内容によっても変わると思いますので、イモトアヤコさんがいかに体力勝負の番組に出演されているのか、このオーディションの内容の一部分だけでも少し垣間見えたような気がします。

今ではコロナ禍によって海外ロケも難しいので、イッテQのような番組はできませんが、それでも国内ロケでのイモト ジャパンツアーというのがありましたが、やはりファンからは海外でのイモトさんの姿を見たいという声が多く出ているようです。

コロナ禍収束のめどはまだまだ立ちませんが、それでもイモトアヤコさんのようにたくましく生きていかねばと、イモトさんの活躍を思い返してひしひしと感じていました。こういった時期だからこそ、暗い気持ちになったときは、歩いたりして体を動かし気分転換を図るのが大切です。

ですが、足に巻き爪などのトラブルがあったり、同じ姿勢を続けて血のめぐりが悪くなっていると足が重く感じるので、歩いたり走ったりと足を動かすのは嫌になってしまいますよね。そんな時はフットケアのプロフェッショナルがケアする、天使のつめきり静岡にご相談ください。痛みで動くのが難しい場合や外出を避けたい方でも交通費無料で出張ケアを行っています。
出張では爪切りと巻き爪の矯正(BSテープ使用)に対応しております。
ご自宅でフットケアを受けていただくことが出来ますのでぜひお気軽にご相談下さい。

足が速くて健康的な芸能人の方といえば2
足が速くて健康的な芸能人の方といえば2
足が速くて健康的な芸能人の方といえば3
足が速くて健康的な芸能人の方といえば4